かっこよく 生きるちょい悪 現役アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月11日霧島大浪の池登山 下山温泉に

<<   作成日時 : 2017/03/20 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

営業歴35年
たたきあげの父
たたきあげてもう言わなくなったかもしれない
ほとんどの社会人が大学を出てる
学歴がなく偉くなった人も多い
田中 角栄総理大臣は有名だ
戦争があったので
ほとんどの人が学校には行けなかった
裕福な家だけかもしれない
農家は長男が家継ぐと
他は丁稚に出される
家はそれほど貧しくなかったようだ
炭鉱が全盛の時代
直方に生まれてる
飯塚の麻生さんは炭鉱王
直方は貝島さん 菩提寺が一緒で
円徳寺 おばあちゃんがオルガンを弾いて
幼稚園の先生だった
鞍手高校 鞍手中学
普通だったら大学に行ってたが
何故か16歳で岡崎の海軍予科練に
チャレンジ精神と勇気があったのかな
死に行くようなものだ
よく生きて帰れて
それが無ければ
私もいない
それよりも川筋もの
遠賀川 高倉健もそうかな
気性が激しかった
軍隊式 殴られて育った
直方 飯塚 田川
昭和の初期は博多よりも人口が多かった
そんな話ができる人も少ないが
チームマウンテンの代表は68歳
まだまだ団塊の世代も多くて
トレッキング人気で
高齢の人も頑張ってる
女性も代表と同じくらいで
がんがん登るし
代表もリュックに10kの水を背負って
強くならないとと思って
トライアスロンをやってるが
登山をやってる人はまた強い
大浪の池山頂で 昼ごはんを食べた
代表は コンロに鍋 お湯を沸かしてラーメン
女性は お弁当 卵焼きをもらった
私はおにぎり 仲間はコンビニで
女性からスープをもらった
お湯を入れて これが美味しかった
コーヒーも入れて 最高だな
天気もいい お菓子ももらって
チロルチョコ
今度はおかずもつくろう
登りは8時50分 山頂が12時 40分
4時間ぐらい登った
真っ直ぐ登らずに 沢を横切ったり
けっこう急だった 標高差は1400mが山頂で
600mくらいかな
下りは 普通の登山道なので
13時40分に下って 14時40分
大浪の池登山口に
女性は止めてた車で降りた
ここから車を止めたおころまで
また1時間 仲間が足の裏が痛いと
私も鹿児島マラソン後1週間
右の足の付け根が痛く
けっこう歩いた
下りも足にくる
本当は13時半から韓国へ
でも今回は無理ですねと
韓国往復で3時間
日が暮れてしまう
丁度4時くらいがいい
飲み会があるので
6時半には鹿児島に帰りたいので
温泉に入って5時に出たら間に合う
温泉にいきましょうと
普通は行く暇なくかえるのかな
ハイキングはなくて
本物の登山サークルだ







画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月11日霧島大浪の池登山 下山温泉に かっこよく 生きるちょい悪 現役アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる