かっこよく 生きるちょい悪 現役アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS スキー継続 30年 芸北国際 短いコースが長く

<<   作成日時 : 2009/02/08 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スキー継続 30年 芸北国際 短いコースが長く
1980年代
だれもがスキーは
一度は行ってた時代
バブルでさらにゲレンデは広くなる
芸北の大佐も
さらに上にゲレンデができ
おしゃれなレストランが
食堂からレストランへと
新しくなっていく
芸北国際も
近くのサイオート 191が
新しい施設
それに負けまいと
おおひらコースが
上から下まで1kを越す
ロングコースに
さらに高速リフトができて
コースのバリエーションは
多くなった
瑞穂ばかりでは
同じ斜面が多い
雪が無いと
上しか滑れず
起伏は少ない
人が多い
それなら芸北国際へ
そういう意見が多くなった
恐羅漢は道が狭く
コースは狭い
こぶ斜面
芸北はなだらかで
長いコース
ゆっくりロングを滑れる
信州を思い出す
それほど長くも広くもないが
広島のゲレンデにしては
頂上からの景色もよく
上は少しこぶもあり
起伏があって
下はなだらかに
楽しく滑れる
雪が積もれば
ここが一番長く
滑りやすいよねと
近くにはホテルができて
昔の食堂は
レストランに変わり
かけずのシングルリフト
古いのは
そのまま残ってる
これも
裏斜面を滑る
コースは短いが
楽しめる ひろいゲレンデだ
短くから
ゆっくり長く
これがスキーだなと
ボーゲンから
シュテーム
それぐらいのレベルで
楽しくスキーをやっていたが
上達には
長い距離滑るのが一番だと
板に乗る感覚が
安定して滑る
これがスキーだよなと
九州からは
ここが一番近いゲレンデだ
でも根性でよく行ったな
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スキー継続 30年 芸北国際 短いコースが長く かっこよく 生きるちょい悪 現役アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる