奈良テニス団体戦 ランラン杯 首ヘルニアとの闘い

40代は故障に
泣かされる
腰だったり 膝だったり
肘だったり
誰もが経験してるだろうが
50代は肩に 首に
故障の話を
良く聞く
手打ちで力任せの
プレーが原因だろう
私も首ヘルニアが治らずに
首が回らなくなった
上が向けないので
サーブのトス
ボールを感で打ってる
神経が原因で
左手もしびれてる
首筋が痛くて
ひどい時は肩甲骨に
激痛が
そのときに完全に
テニスを辞めればよかった
それでも続けてたので
治らない
痛みは軽くなったが
首周りは痛い
試合は断れなく
続けてる
みんな怪我してもやってる
でもサーブが打てなく
下から打ったり
キープできない
負ける
おもしろくない状態だ
本当は行きたくないが
ここで辞めたら
せっかくやってきたのに
ストロークとボレーは
打てる
久しぶりの試合なので
試合感も戻したい
やらないと駄目になるだろう
苦しい選択だ
ランランチーム
いつものメンバー
会長 女性2人にもう一人
男性警察官サウスポー
スピンで打つ男性と
もう一人最近教えてもらってると
山城でやってた時
大会もやってた
7年前の事だ
山城チームは強かった覚えがある
そのときいた人が
ランランに来てる
みたような人だ
確実な男性プレーヤー
いいかもしれない
球出しをしてくれて
ランランチームも
上達してるようだ
来週は試合に出ますと
目標をもってやってる
スピンで打つ男性も
先週試合に出てましたと
タイブレークで落としましたと
みんな頑張ってるな
4年前ぐらいは
私が球出ししてたな
若手はいない
他のチームは
20代~30代と若く
ハードショットを
決めてくる
最初にイメージしてた
セカンドでは打ち込まれる
自然と力が入る
ストレッチをして
サーブのイメージ 力を抜く
練習しましょうと
軽く ストローク ボレー
サーブが
やっぱり力が抜けないで
打てない
どこへ行くか解らない
別の病気かな
トライアスロンをやってるので
泳いでる時も力が
入ってると注意され
走ってるときも
力が入ってる
筋肉がついて
そこに力が入る
抜けない
リラックスができない
これが問題だ
かなりストレッチやって
抜いて打つ練習をしたのに
いざ試合になると
緊張で固まるのかな
トスを上げて
腕が固まってる
肩も肩甲骨も固まってるのかも
整体で
ゆるめてもらうと
誰か言ってたな
自分では無理だよ
多分首から下が
筋肉が固まってるのだろう
練習から
いきなりサーブに
不安が募り
弱気になって
下からいくか
これでは勝ちに行く
気が入らない
1日 4チーム
試合大丈夫かな
勝たないといけないが
怪我をするまえは
ほとんど勝って
優勝してたのに
最近は他のチームも
強くなって
前回は4位
画像
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック